calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

Birthday '18
2018.06.18 Monday

朝8時前、突然の激しい揺れ。

棚の上から物が落下。

自宅はタンスや棚が倒れ

食器がほぼ全滅状態。

ケガのないことが幸い。

とりあえず家の外に脱出。

隣近所と無事の確認。

その後、室内の状況を確認。

あぁ〜というため息だけ。

夕方までかかって後始末。

なんとか裸足で歩ける程度に。

納戸はまた明日と言うことで…。

16時をまわりバイクで神戸へ。

前々から約束していたLiveへ出かける。

JR神戸駅近く、居酒屋どんがめに到着。

花男&YOU(元おかん)のLive。

何とか間に合ってやれやれ。

二人に会うのは久しぶり。

ほっこりするLiveは今日にピッタリ。

大変な目にあった日の夜にふさわしい

心地よさ。

元気が出ました。

家に帰ると娘さんからBirthdayケーキ。

ありがたいことです。

いろいろありすぎの誕生日となりました。


高野山で精進料理
2018.05.22 Tuesday

高い空は青く心地よい。

古い友人と久しぶりの高野山。

まずは、寶城院へと向かう。

本堂をお参り。

その後、ゆっくり進む時を楽しみながら

精進料理をいただく。

腹ごしらえもすみ、

一の橋から壇上伽藍、奥の院へ…。

御廟橋を渡るとそこは聖地。

弘法大師の気配を感じながらのお参り。

その後、国宝で世界遺産の

金剛三昧院多宝塔へ。

源頼朝、実朝を供養するため

頼朝の妻北条政子によって

1223年(貞応2年)に建立された。

高野山に現存する最古の木造築物。

約800年の年月をくぐりぬけた

多宝塔は圧巻。

透き通った空気は凛としていた。

 

#高野山 #kouyasan #精進料理

 

 


48年ぶりの太陽の塔
2018.04.09 Monday

1970年「EXSP'70」大阪万国博覧会が

大阪府吹田市で行われた。

たんすの引き出しから出てきたのは

当時の入場券。

そして、48年の時を超え

太陽の塔が修復工事を終え

内覧が行われている。

新学期が始まったばかりの今日

早速、万博公園へ出かけた。

なんとなくワクワクする。

約半世紀の時を超え、

岡本太郎氏の作品として、

また大阪万博のシンボルとして今もなお

君臨する太陽の塔。

内部はできるだけ当時の状態を再現。

48年前から変わらないモノも多数ある。

「生命の樹」は今見ても圧巻。

48年前のすごさが

今新たにわかり

アートの面白さが堪能できる。

そう言えば子供の頃、

太陽の塔を見て

夜になるときっとひとりでに

動き出すんだろうな〜と

信じていたことを思い出した。

(内部写真:朝日新聞)

 

#EXSP70 #大阪万博 #太陽の塔 #岡本太郎 #生命の樹


姫路の桜
2018.04.03 Tuesday

今年の梅は寒かった。

しかし、一気に気温が上がり

雨の影響もなく

初夏の陽気に誘われ

桜は一気につぼみを緩めた。

そんな中バイクを西へと転がす。

姫路の桜も満開。

日本で初めて世界遺産となった

姫路城(白鷺城)。

姫山・鷺山を中心に鎮座する。

江戸時代以前に建設された天守が

残る12の城の一つ。

空の青と大天守のまぶしい白に

桜色のコラボは見事。

城下町をぶらりと歩く。

建物の切れ間には姫路城が浮かぶ。

その昔、町人たちも同じように

白い大天守を眺めたのだろう。

バイクにまたがり帰路に就く。

ミラーにはいつまでも見送る姿が映った。

#姫路城 #白鷺城 #世界遺産 #桜

 


瑞松寺の鐘楼
2018.03.18 Sunday

浄土真宗本願寺派・涙池山瑞松寺は、

私の住む町で除夜の鐘を打つお寺。

子供の頃から大晦日の夜

除夜の鐘を突きに行っていた。
その瑞松寺の鐘楼(鐘突き堂)は

阪神淡路大震災のおり傷んだ箇所や

老朽化などにより

現在取り壊され建て直し工事が

行われている。


瑞松寺は、天正9年(1581年)

本堂と鐘楼が開創され、

解体された鐘楼は

寛政4年(1792年)再建

されたものらしい。
解体された鐘楼の瓦を見ると…
文政9年(1827年)

江戸時代・11代将軍 徳川家斉の時

製造されたと刻印されている。
作者は、摂津の国・吹田村の

瓦師・武内七兵衛。

100年以上風雨にさらされていた

瓦には見えないほどの耐久性。
すばらしい手焼き技術だ。
新しくできる鐘楼で

打たれる除夜の鐘を

楽しみに待っている。

 

#瑞松寺 #鐘楼 #瓦師


梅 '18
2018.02.20 Tuesday

大寒波の今年。

あちこちで大雪の被害。

そんななか春の足音が

遠くから聴こえてきた。

古い友人とカミさんと

咲き始めの

万博公園・梅林へ出かけた。

梅の花とかすみがちな青い空。

優しい陽が梅をクローズアップする。

梅は咲き始めが一番匂い立つ。

甘酸っぱい香りが優しく迎えてくれる。

なんとも心地よい空間に

眠気すら覚えてしまった。

#万博公園 #梅 #梅林

 


三が日 2018
2018.01.18 Thursday

気が付けば1月も中旬。

昨年末から正月…バタバタと過ぎた。

今年の元日も、少し早起きして

初日の出を見に行った。

雲がかかる空も時間の経過とともに

雲が切れ無事初日の出を拝めた。

その後、大阪府松原市にある

布忍(ぬのせ)神社へ初詣。

この神社の恋みくじが人気。

例えば「人は見かけ」とか

「どたん場、せとぎわ、崖っぷち」

「人の話を聞かんかい」や

「自分のことは棚に上げよう」など

ユニークな答えが返ってくる。

ちなみにカミさんが引いた恋みくじは

「自分良ければすべてよし」

2日、3日も野暮用でウロウロ…。

正月からの三が日で

万歩計のカウントは62000歩オーバー。

結局、正月から動き回った新年でした。


Merry Xmas 17
2017.12.25 Monday

今年のクリスマスイブは

アイスでHappy Xmas。

そして25日は、カミさんと神戸へ。

神戸メリケンパークに

全長30mのあすなろの生木。

今年、世界一のクリスマスツリー。

昨日の雨で出来た水溜まりも

粋な計らい…。

そして可愛いクリスマスケーキ。

帰り道に立ち寄った南京町。

見方によればこれも

なんとなくクリスマスツリーに

見えてきます。

Merry Xmas…。

#クリスマス #クリスマスツリー #神戸


京都・おんな一人
2017.12.05 Tuesday

1965年、

作詞:永六輔、作曲:いずみたく

唄:デューク・エイセス

「おんな一人」。

京都をテーマにした歌の中でも

存在感のある一曲。

1番の歌い出しが…

京都、大原三千院

恋に疲れた女が一人〜♪

2番は…

京都、栂尾(とがのお)高山寺〜

3番が…

京都、嵐山(らんざん)大覚寺〜♪

と三つのお寺が登場する。

大原三千院は京都市街地から

北東の人里離れた天台宗のお寺。

かつては貴族や修行者の

隠居の地として知られた。

碧の苔の絨毯の中に

可愛いわらべ地蔵。

高山寺は市街地から北西の山中にある

真言宗の寺院。

教科書で見たことがある

国宝の鳥獣人物戯画絵巻や石水院。

のんびりと心地よい寺院。

嵐山にある大覚寺は旧嵯峨御所。

真言宗大覚寺派の総本山。

天皇家と深い関わりのある寺院。

生け花の嵯峨御流でも知られる。

四季折々の風景が魅力のお寺。

二日をかけての京都「おんな一人」

寺院巡り終了です。

 

#京都 #大原三千院 #高山寺 #大覚寺 #栂尾 #嵐山 #おんな一人

 


金剛山
2017.11.13 Monday

奈良県御所市と大阪府南河内の

千早赤阪村にわたり鎮座する

金剛山は1125m。

高校時代の耐寒登山で登って以来。

古い友達とカミさんとで

文珠尾根コースから山頂を目指す。

前半から急勾配の山道。

天気の良さも手伝い汗がにじむ。

カミさんのペースに合わせ

休息をとりながらの前進。

山頂で昼食を取り一服。

国見城跡の広場にある

山頂からの眺めは絶景。

日頃の行いか、秋晴れの空は青く

阿倍野ハルカスも見える。

山頂でもう一人の古い友達と合流。

このメンツが集まるのも久々。

帰りは念仏坂をひたすら下る。

歩きながらの会話が懐かしい。

下山途中に色づく木々…。

青い空とのコントラストが目にしみる。

久々の山歩き。

久々の旧友。

心地よい足の張りを感じながら

贅沢な一日を楽しめた。

 

#金剛山 #紅葉 #山歩き


| 1/60PAGES | >>