calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

made in 奄美
2019.09.17 Tuesday

made in 奄美。

A STRIKE STORE

五味大介氏が廃材に命を吹き込む。

奄美大島の圧倒的な自然を目の当たりにし、

この景観を後世に残していきたいという強い想いが、

本来廃材となるモノをリサイクルし、

オールハンドメイドにより生まれるアイテム。

自然の恵みを残すための考え方。

先日、奄美で大介さんの工房に立ち寄り

オーダーしたショルダーバッグが届いた。

使い古された廃材のタイヤをなめしメイン素材とし、

ショルダーベルトはこれまた廃材、車のシートベルト。

カバンかぶせの縁には反射素材。

収納に便利な内ポケットが前面・背面に2個。

こちらも奄美のセレクトショップ

Sunny Days の缶バッジと

当サロンオリジナルのVIVAバッチ。

カラビナなどを吊るすループが憎い。

内ポケットの裏側には元タイヤだった

痕跡がしっかり…。

キーカバーとコインケース(カードケース)も

大介さんのオリジナル。

見た目以上の収納力。

防水仕様で丈夫。

使うほどに味が出そうで

ヘビーローテション間違いなし!

大介さんありがとう。

 

#a_strike_store #sunny_days奄美 #廃材

#リサイクル #タイヤ #奄美大島 #五味大介


南の島 '19
2019.08.24 Saturday

昨年は超強力台風の影響で

海を楽しめなかった。

その分、今年は200%楽しみます。

干潮の時間に合わせ2年ぶりのハートロック。

そして、今回の目玉は加計呂麻島(カケロマ)。
奄美大島と与論島の間にある島。
古仁屋港から船を走らせる。
容赦なく照り付ける太陽と
心地よい潮風。
途中イルカの出迎えを受け
島へと上陸。
パワースポット…
昔から神が宿ると言い伝えられる
樹齢400年超えの武名(たけな)のガジュマル。
強烈な存在感。
続いて船で到着は巨大テーブルサンゴ。
直径7m越えの迫力。
水深3mも浮き上がって感じる。
いつものことだが、このエメラルドグリーンの海は
とんでもない透明度。
続いて海からしか行けないビーチに上陸。
シュノーケリングで10m以上の海底が
目の前のように映る…魚たちの楽園。
続いてボートで移動して「青の洞窟」へ。
太陽光の7色(虹色)の青以外は水に吸収される。
吸収されない青色だけが水の中で散乱し
海は青く見える。
青の洞窟は太陽光の入りと圧倒的なの透明度を
誇る海水で初めて見られるの現象。
なんとも神秘の青。
日本のガラパゴスと言われるだけあって
大満足の一日。
翌日、忘れてはいけない肥後染色での
愛染め・泥染め。
今回も良い作品ができました。
新しい人のつながりができ、
深い絆へと発展した奄美。
またまた新たな体験計画も見え
また1年間頑張って仕事に励みます。
#奄美大島 #加計呂麻島 #愛染め #泥初め #青の洞窟
#イルカ #シュノーケリング #エメラルドグリーン
#南の島 #日本のガラパゴス

Made in Japan トミ藤山
2019.07.15 Monday

映画監督ジョシュ・ビショップは、

2014年にドキュメンタリー映画を

10年以上かけ完成させた。

題名は「Made in Japan」。

トミ藤山のアメリカでの

サクセスストーリ映画だ。

トミさんは1940年生まれの

現役カントリーシンガー。

誰もが知る「アルプスの少女ハイジ」の

オープニング『おしえて』のヨーデルは

トミさんの声だ。

そんなトミさんがハウリンバーで

Nacomi姐さんとジョイント。

Nacometers

Nacomi(G&V)、パブロ内田(B)、

北田太一(D)、masaki urase(K)、

Seiji Teshima(G)

そして…

萩野信彦(G)、トミ藤山(G&V)

トミさんは根っから楽しい人。

そして苦労を重ねて本番アメリカで

成功を手にした

まさに…「Made in Japan」。

楽しくて愉快で圧倒的なパワー。

人間年齢なんて関係ないと思わされる。

ラストのテネシーワルツには

身震いした。


#tomi_fuziyama #トミ藤山

 


紫陽花 '19
2019.06.10 Monday

この時季特有の低い空。

雨の匂い…。

雨上がりの似合う花たち…。

バイクにまたがり京都へと向かう。

日本最古の酒造の神として知られる

梅宮(うめのみや)大社。

境内の神苑を散策。

まずは杜若(かきつばた)や

花菖蒲(はなしょうぶ)や水連が迎えてくれる。

雨粒をまとった紫陽花はこの時季の象徴。

多種多様で多彩な色を楽しませてくれる。

雨上がりの湿りが熱気となって揺らぐ中

これ見よとばかりに蕾を開く紫陽花。

大好きな花の一つだ。

 

#紫陽花 #かきつばた #花菖蒲 #水連 #梅宮大社 #京都

 

 


倉井夏樹
2019.05.19 Sunday

初めて会った時はまだ少年だった。

10数年がたち、

有名アーティストと同じステージに立ち

映画やテレビにも音を提供する。

2019年ハモニカ大賞を受賞。

そんな夏樹を久々に聴きに行く。

Seiji Teshima(G)、Pablo内田(B)、

masaaki murase(Key)、北田太一(D)、

Nacomi(G/V)、

そして、倉井夏樹(Hca)の

Nacometers with 倉井夏樹。

@ハウリンバー。

生で聴く夏樹は久しぶり。

ハープってこんなに

透明感のある音が出るのか?

そして、音出・音数、

歯切れのよいとんでもない早吹き。

そんな夏樹のハープを輝かせる

バンドがこれまた最高。

こちらも、久しぶりに聴く

PabloさんのベースがGood job。

ここで音を聴いていると

いろんな風景が脳裏に映り、

いつまでも心地よい。

夏樹は、天才ハモニカ少年から

ハモニカ・モンスターになっていた。

5月末は、Nacomi姐さん夏樹の誕生日。

サプライズでお祝いのケーキも登場。

大盛り上がりで、音楽ってイィな〜と

思える時間だった。

#Nacomi #倉井夏樹 #ハモニカ #ハウリンバー

 

 


額少年
2019.05.06 Monday

30年前…

昭和天皇が崩御された事を知らずに

アメリカのロスに一人でいた。

知ったのは3日後。

昭和に日本を立ち平成に帰国。

元号が変わる瞬間を知らずに

現在に至った。

そのため元号が変わる

体験をするのは初めて…。

4月末、なんとなく

ドキドキしていた自分が笑える。

5月1日「令和」が幕を開けた。

そして、令和初のアートを楽しみに

神戸へと向かった。

神戸市中央区にある

ダルビッシュ・ミュージアム。

お察しのとおりメジャーリーグの

ダルビッシュ選手のミュージアム。

昨年、癌のためこの世を去った

格闘家・神の子こと山本KID徳郁。

ダルビッシュの義兄。

レスリング出身にもかかわらず

圧倒的な打撃力で、

適正体重より2階級も重い

ミドル級で連戦連勝。

そんな彼がアーティスト「額少年」として

多くの作品を残してくれた。

闘争本能を研ぎ澄ませ格闘技に

明け暮れた彼の優しい笑顔を

感じる作品たちだった。

#山本KID徳郁 #額少年 #ダウビッシュ・ミュージアム #神戸

 


久々のTOKYO
2019.04.16 Tuesday

オリンピックに向け動いている

東京へカミさんと一泊お出かけ。

広尾の叔母の家から表参道へ

ブラブラ歩く。

見えてきたのが明治神宮。

大鳥居をくぐり本殿へと進む。

 

お参りを済ませ、四谷までブラブラ…

着いたのが迎賓館赤坂離宮。

のんびりと内覧を楽しみ庭で一休み。

続いて九段下まで行き

本日最終目的地・武道館に到着。

70を迎えたエリック・クラプトンを

アリーナ席から眺める。

アンコールまで2時間。

最終的にはスタンディングで

大盛り上がり。

二日目は朝から

日蓮聖人が入滅の霊場とされる

池上本門寺。

雲一つない青空に鎮座する本堂。

本堂近くから遠く富士をはっきり

見ることができた。

そして本門寺には

あの昭和のヒーロー

力道山が眠っている。

本門寺を下り古民家カフェ連月で

チャイラテをいただく。

お昼に五反田で古い友人とランチ。

のんびりと昔話と現状報告会。

帰りの飛行機の時間を見ながら

日本橋の日本銀行金融研究所

貨幣博物館をのんびり観覧。

陽が落ち青空が消えたころ

飛行機は飛び立った。


門真の巨木
2019.03.05 Tuesday

大阪府門真市にある三島神社。

ココに、大阪府一の巨木がある。

「国の天然記念物」に指定され、

「大阪みどりの100選」に1位で選ばれ

「新日本の銘木100選」にも選出された

薫蓋樟(くんがいしょう)と言う名の

くすの木。

樹齢1000年を超え、

幹周は12. 5m、

樹高は24. 4mは圧巻。

三島神社全体を覆ってしまうほど。

遠くから見ると古い町並みに

こんもりと山のよう。

聴くところによると、

枝ぶりの広さと同じだけ

根が広がり。

樹高と同じだけ地中深くに

根が進んでいるという。

幹に触れると命に息吹を感じられる。

 

#大阪府門真市 #楠 #三島神社 #薫蓋樟 樹齢1000年

#天然記念物 #みどりの百選 #新日本の銘木100選


奈良の水仙
2019.02.18 Monday

奈良北部・奈良坂の般若寺に出かけた。

飛鳥時代に創建され、

天平のころ平城京の鬼門を鎮護し

戦国時代に、いく度となく

戦火にさらされ焼失し

廃寺同然の状態となり

奈良一番の荒れ寺と言われる。

焼失のため本堂は江戸時代に再建。

正門、南大門も戦火で焼失。

国宝の楼門(ろうもん)のみ残されている。

こちらは鎌倉時代建造。

十三重石宝塔も鎌倉時代の建造物。

塔の頂上の石造相輪は、

南北朝か室町時代の大地震で落下。

現在は塔の近くに飾られている。

本堂の周りには江戸時代に作られた

西国三十三所観音石仏が並んでいる。

般若寺はコスモス寺として有名だが、

この時季は水仙が清々しい香りを

楽しませてくれる。

黄梅も花をつけ癒してくれた。

拝観のあと久しぶりに

そば処・喜多原さんで腹ごしらえ。

奈良を楽しめた一日でした。

 

#般若寺 #奈良 #水仙 #喜多原 #そば


映画2本立て
2019.02.11 Monday

雪が舞った建国記念日。

今日は久々に映画2本立て。

1958年開館、兵庫県尼崎市の

塚口サンサン劇場。

マニアックな映画を見せてくれる。

今日の1本目は

「Sidemen」

〜スターを輝かせた男たち〜

ロックやジャズ、すべての音楽の

元と言われるBlues。

代表的なBluesシンガー

マディ・ウォーターズと

ハウリン・ウルフ。

彼等の音楽を支えてきた

ピアニストのパイントップ・パーキース

ドラマーのウィリー・“ビッグ・アイズ” ・スミス

ギタリストのヒューバート・サムリン。

3人のサイドマンの足跡を描いた

ドキュメンタリー映画。

Bluesファンにはたまらないメンツ。

小さな映画館の観客の大半が

音楽(Blues)仲間だったことにもうなずける。

2本目は

「ERIC CLAPTON」

〜12小節の人生〜

ギターの神様とも称される

エリック・クラプトンの

音楽ドキュメンタリー映画。

母に捨てられた幼少期から

ヤードバーズ、クリームなどのバンド期、

ジョージ・ハリスン、ジミ・ヘンドリックス、

B・B・キング、ザ・ローリング・ストーンズ、

ザ・ビートルズ、ボブ・ディランなどとの

つながり…。

ドラッグ、アル中、

そして最愛の息子コナーの死。

2本立ても気が付けば終わっていた。

どちらも是非ご覧あれ。

 

 

#サイドマン #sidemen #エリック・クラプトン

#ERIC_CLAPTON #塚口サンサン劇場

 


| 1/62PAGES | >>