calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

アートと京都 '17
2017.05.17 Wednesday

5月も半ば。

1号線をバイクで走る。

向かうは京都…。

先斗町から木屋町あたりを

カミさんとウロウロ。

雰囲気の良い「いしがま亭」で

少し遅いランチ。

鴨川を眺めながら、

京都らしいバランスの鴨ハンバーグ。

プチ贅沢を二人で楽しむ。

今日の目的の1つ…。

ガキの頃からお世話になっている

美術の師匠の個展。

東山の艸居(そきょう)ギャラリー・

三島喜美代展。

メディアでは

「今、世界が熱視線を送る作家」と表現。

昨春、アートバーセル香港で、

4000人の中から記憶に残る20人の

アーティストに選ばれている。

彼女の作品はゴミを陶器で表現する

現代アート。

段ボールや空き缶も陶器。

「ワレモノ」「取扱注意」「われもの注意」の

荷札まで、まさにワレモノ・陶器。

この感覚が大好きだ。

ギャラリーには海外からの観覧者も多い。

海外での評価が高い表れだろうか。

作品に懐かしさと師匠の息吹を

感じながら少し歩く。

二年坂、三年坂は何年ぶりだろうか?

折角なので墓参りと大谷祖廟へ。

石段を踏み高台の墓地まで。

道すがら昭和の香りを残すレコード店で

セール品を購入。

大好きな「ローマの休日」。

レコード店のおばさんが

「グレゴリーペックはよろしいなぁ」

「おおきに」と見送ってくれる。

2つ目は…

「ブレーメンの唄う隊」と銘打ったLive。

花男、けんじろう、よっくんの3人。

各々の全く違う個性が絶妙にブレンドされる。

夜更けの京都でほっこり気分。

深夜、バイクにまたがり

充実の京都をもう一度楽しむ。

#三島喜美代 #アート #花男 #京都


春日大社の藤 '17
2017.05.01 Monday

淡く青味の紫色を藤色と言う。

好きな色の一つだ。

これは藤の花の色から名付けられている。

そんな藤の花を楽しみに

20℃を超え暖かい日差しの中、

奈良は春日大社へバイクを走らせる。

世界遺産の春日大社。

平成30年で創建1250年になるそうだ。

石燈籠の並ぶ参道を進むと朱の色が目に映える。

その奥には、朱色と藤色のコラボレーション。

続いて、春日大社・萬葉植物園。

こちらも藤が咲き乱れている。

強い日当たりを好む藤は

蔓を伸ばし自分以外の木に巻き付き

陽のさす場所へと伸びて行く。

可憐な花に似合わず生命力が強い。

そして、藤の香りが風と共に広がる。

ついつい永居をしてしまった。

鹿に見送られ奈良をあとにする。

#奈良 #春日大社 #ふじ #nara #kasugataisya #wisteria


夙川の桜
2017.04.10 Monday

南は香枦園浜の海岸部から北は銀水橋まで。

兵庫県西宮市の夙川河川敷公園がある。

1949年、1000本の桜を植樹、

桜博士の笹部新太郎氏が管理・育成・植樹を行った。

結果、1990年「日本さくら名所100選」に選定される。

花冷えという言葉があるが今日はその日。

空は低く、弱い陽差し。

それでも桜は見事に咲いている。

桜の魅力とは何なのだろうか?

微妙に違う色形。

他の花との調和。

一瞬で散るはかなさ…。

日本人の心にしみる情緒が桜にはあるのだろう。

ご存知だろうか?

桜の花の芯の部分に赤みが増すと

花が散るサイン。

花が散る瞬間、散った後も絵になる。

そんな桜に癒されるのだろう。

#桜 #夙川 #河川敷公園 #cherryblossom #バイク #日本さくら名所100選


キリンとヒョウ
2017.04.05 Wednesday

ヒョウ柄の服といえば

大阪のおばちゃん…と思っていたが

先日の調査によると

日本で最もヒョウ柄のアイテムを

購入しているのは埼玉県民との結果が出た。

ぽかぽか陽気にさそわれ

バイクを転がし京都まで。

満開には届かないが、

先斗町では高瀬川の川面で

桜が柔らかい風に戯れ心地よさそう。

青空に映えるのは桜だけではない。

西本願寺の御影堂、

阿弥陀堂も見ごたえがある。

いろんな角度から眺めると

多くの表情を見せてくれる本願寺。

本願寺の南側に立派な門がある。

桃山時代の伏見城の遺構と言われ、

天皇家の勅使用の門とされる「唐門」。

見事な色彩の彫刻は飽きが来ない。

ご存知だろうか?

唐門には、中国から来た創造上の生き物

「麒麟」が描かれている。

キリンビールのトレードマークのキリンは、

ここからとられたとの噂があるとかないとか…。

そう言えば、一休さんの話に

「虎」が出てくるのは有名。

昔の日本では「虎」や「獅子」(ライオン)は

たびたび登場する。

しかし、「ヒョウ」は珍しい。

安土桃山時代の唐門には

猛々しい「ヒョウ」と「虎」が現されている。

400年以上前に建てられた飛雲閣の鐘楼(鐘突き堂)や

書院にも「ヒョウ」は刻まれている。

おそらくここの「ヒョウ」が日本最古の

「ヒョウ」だろうと言われる。

その昔、日本では「ヒョウ」のことを

雌の虎だと思っていたとか…。

海を渡り日本で紹介されたヒョウ。

今ではファッションのマテリアルとして

欠かせないヒョウにも

400年の歴史が流れていたようだ。

 

#Japan #kyouto #西本願寺

#麒麟 #キリン #ヒョウ #先斗町 #桜


Night Zoo
2017.03.20 Monday

ずいぶん昔の話だが、

ボランティアで動物園の夜間清掃に

参加したことがある。

大半の動物が夜行性のため

普段とは違う姿が見られる。

夜の動物園は面白かった。

大阪のランドマークタワー通天閣。

その通天閣のそぐ近くに

天王寺動物園がある。

今日、イースターナイトZooが開催された。

18時をまわり日没となる。

闇が空を占領しはじめると

彼らは動き出す。

犬はオオカミの亜種と言われる。

“一匹狼”と言うと強いイメージがする。

元来、数頭の群れをなすのがオオカミ。

群れのリーダー争いに敗れた者が

群れを離れ一匹狼となる。

彼らも夜に動き回る。

日中、ライオンを見るとダラ〜っと

横になっているコトが多く、

ナニが“百獣の王”なんだと思う。

コレが夜になるとカッコよく動き出す。

キリンは夜行性ではないが

地面に座り込み眠るのは一日20分程度。

浅い眠りも入れると一日4時間ほど眠るようだ。

ただし、夜間でも立って過ごしている。

敵に襲われても対処できるようにだそうだ。

日中は水の中でほとんど動かず、

夜になると陸上で食事を始めるのがカバ。

彼らも夜の方が活発。

久々に夜の動物園を堪能した。

また機会があれば動物の世界に

入ってみようと思う。

 

#nightzoo #ナイトズー #天王寺動物園


Deepな2日間
2017.02.26 Sunday

やはりDeepな夜となったHOWLIN`BAR。

…しかも連夜。

初日は、はぜがわかおり&本夛マキが

歌謡曲からJ-pop、フォークの名曲を

絶妙なハーモニーでカバーという名の

オリジナルにして唄うユニット「ヨモギ」。

しばらくの間、耳について離れない

竹原ピストルの歌。

メッセージ性の高い竹原節が強烈。

2日目は、ヨモギと

HOWLIN`2年振りの有山じゅんじ。

40年以上経っても今なお

体が心地よく反応してしまうBlues。

やはり、有山さんはどこを突っついても

イィ音がする。

贅沢でDeepな2日間。

しばらくは頭の中で響いていることだろう。

 

#有山じゅんじ #竹原ピストル #ヨモギ


人生で最も後悔していることは?
2017.02.11 Saturday

10年前、新しくバイクを買う時に

「まだバイク?」

「年齢を考えたほうがイィよ」と

友人に言われた。

10年たった今、

そのバイクはご機嫌に走っている。

仲の良い兄貴分はBluesのギターリスト。

その兄貴分に

「もし、バイクとBluesがなかったら

今のお前さんたちはなかっただろうな」

とカミさん共々言われる。

昨年、アメリカで80歳以上の高齢者に

こんなアンケートがとられた。

「人生で最も後悔していることは?」

この問いに、なんと70%の高齢者が

同じ回答をした。

それは…

「チャレンジしなかった」

結果はともかく、もっとチャレンジすれば

よかったと後悔しているのだ。

先輩たちからの素敵な教え。

若くても、高齢でも、間違いなく

明日より今日のほうが若い。

80歳代になったから後悔するのではなく

今できることをチャレンジしないと

明日には後悔が生まれると言うことだろう。

勿論、年齢が高くなるほどチャレンジ

することは難しくなる。

「お前さんたちも今のうちだよ」と

言われているようだ。

10年前、バイクをあきらめていたら

今の自分はなかっただろう。

今ほどの友人もいなかっただろう。

カミさんとの時間もそうだろう。

今、バイクのありがたさがよくわかる。

そして、こりもせず

今年もいろいろとたくらみ中だ。

 

#後悔 #チャレンジ #バイク #Blues


ひでき かんれきー!
2017.01.15 Sunday

今年最初のLiveは

Nacomi & The Blues Temple 。

ドラムの高野師匠こと高野秀樹氏の

還暦記念Live「ひでき かんれきー!」となった。

メンバーは、主役の高野秀樹(D)、

ブッダ藤波(B)、スイートハープ木村(H)、

ピエール落合(G)、Nacomi(V&G)。

スペシャルゲストとして

花田エミ(Key)、小松竜吉(TSax)、井上誠(Tp)。

オリジナルメンバーにキーボードと

管が入ると厚みが出てゴージャス。

オリジナルからBlues、Rockに…

中でも本日一番の見せ場は、

いつも最後尾でリズムを刻むドラム。

本日の主役、高野師匠本人が

「60年に一度の珍事」と言うボーカルデビュー。

Nacomi​​姐さんのドラムデビューもオマケ。

タイトル通り西城秀樹の曲を熱唱。

客席からは合いの手に「ヒデキー」。

踊るわ〜歌うわ〜大盛り上がり。

Live終了後、参加者全員に高野師匠から

感謝の品が手渡された。

その正体は…

師匠の音楽の歴史とバーモンドカレー。

わかる人にはわかるギャグでした。

 

#HOWLIN`BAR #Blues

 

 


カウントダウン '17
2017.01.01 Sunday

21:30を過ぎ、大晦日の仕事も形が付いた。

今年もバイクにまたがり

すでに始まっているHOWLIN`BARのLiveへ。

12月31日の夜、家に居づらいのか…

はみ出したオヤジたちが

Bluesのグルーブを楽しんでいる。

薄暗い照明、漂うタバコの煙。

刻まれるリズムの中

カウントダウンが始まった。

10、9、8、7…3、2、1

「おめでとうー」

年の始めの ためしとて〜♪

Soulバージョンが新鮮。

ハグが始まり…乾杯、乾杯。

とにかく平和です。

カウントダウンからの年明け馬鹿騒ぎ。

ちなみにiPhoneのミュージックを

シャッフルすると今年最初の曲は

Slim Hsrppo の

I've Got Love If You Want It でした。


直訳ロック
2016.12.10 Saturday

楽しみにしていたLive。

英語詞の楽曲を直訳し

原曲にのせて歌う直訳ロック。

こんなジャンルを築いたのが「王様」。

そして、英語詞の楽曲を

オリジナルの詞で歌う

「6th.Valley Blues Band」。

王様 vs 6VBB のLiveが始まる。

1st.Stageは6VBB。

オールマン・ブラザース・バンドや

クラプトンの楽曲に見事(?)な詞。

オヤジたちが生き生きと演奏する。

2nd.Stageは、お持ちかねの王様登場。

ビートルズ、クリームに

ディープ・パープル、

ローリング・ストーンズにキッス。

圧巻のギターテクと

これまた見事な直訳。

アンコールでは、6VBBをバックに

王様が歌い上げる。

とにかく笑いなしではありえない最高のLive。

しばらく、後を引きそうです…。

 

#王様 #6VBB #直訳ロック


| 1/58PAGES | >>