calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

緊急事態宣言延長
2020.05.05 Tuesday

今年のGWは「stay home」週間。

新型コロナ感染拡大で緊急事態宣言が

5月末まで延長。

とは言え、健康管理のため

人の迷惑にならないよう

靭公園まで自転車でポタリング。

夏日。

緑も花も鳥も虫たちもみんな元気。

そんな当たり前がとてもうれしい。

コロナも悪いことばかりじゃない。

こんな普段の風景に

幸せを思い出させてくれた。

そして、家に戻り…

5月5日「子供の日」

柏餅を味わうことも幸せでした。

コロナなんかには負けません。

 

#靭公園 #ポタリング #緊急事態宣言

#新型コロナに負けないぞ #子供の日

#バラ #柏餅


桜 2020
2020.04.07 Tuesday

新型コロナウイルスが猛威を振るう。

政府が緊急事態宣言を予定。

バイク移動はコロナ対策に

良いように思える。

青空が広がり自粛モードで

気を張っていた心とカラダを休めに

大阪府は高槻の芥川桜堤公園まで走った。

鳥の鳴き声、子供たちのはしゃぐ声、

川の流れる音、風に揺れる桜の枝。

腰を下ろした石畳に

桜の花びらたちが集まってくれた。

少し時間がゆっくり進んでいるようだ。

しばしコロナから解放される。

こんな時だからこそ

当たり前が当たり前でないことに気付く。

来年はみんなで桜を見にこよう。

#桜 #cherry_blossoms #芥川桜堤公園 #新型コロナ

#コロナなんかに負けないぞ


南の島の春 '20
2020.03.18 Wednesday

1月末から始まった

新型コロナウイルスの感染。

日を追うごとに世界中へと広がった。

そんなことが気になりながら

3月のはじめに昨年から準備していた

一泊二日の強行奄美ツアーへ出かける。

あいにく1日目は小雨交じりの曇り空。

いつもの店で島の友人と再会。

そして島の北にあるあやまる岬へ向かい

みしょらんカフェで塩豚バーガーを頂く。

腹ごしらえも終わるころ

お陽様が気を使って顔を出す。

海も風も鳥も気を使ってくれた。

なれた店で土産をあさり、

大浜海浜公園で夕日を楽しむ。

居酒屋で食事を済ませ

明日の朝に備え早めの就寝。

2日目は早朝からホテルの露天風呂。

朝焼けが残る海を眺めながら

贅沢に独り占め。

9時から12時まで海をクルーズ。

この時季は波が高い。

今回のメインテーマ…

「ホエール・ウォッチング」。

今年は暖冬でクジラも例年の半分以下。

残念ながらクジラに会うのは

来年のお楽しみ。

飛行機までの時間…

いつもの、それいゆふぁーむで

山羊ミルクソフトクリームと

山羊ミルク入りドーナツを頂く。

ビーチで波の音と頬を撫でる風、

優しい潮の香りを楽しむ。

浜で拾った貝殻をお土産に

そろそろ帰路に就く時間だ。

今回の自分へのお土産は

貝殻とキャンベルが作ってくれた

パラコードブレス。

大切にします。

#奄美 #あやまる岬 #塩豚バーガー #クジラ #パラコード

 


節分 2020
2020.02.03 Monday

二十四節気の

立秋・立夏・立秋・立冬の

前日を「節分」と呼んでいた。

季節の変わり目を表す。

現在は立春の前日が「節分」。

一年の区切り、大晦日のようなモノ。

中国の新型ウイルスの影響で

中国の旅行者が少なく

久しぶりに京都の町が歩きやすい。

まずは、八坂神社。

芸妓さん舞妓さんによる

祇園甲部歌舞会舞踊奉納。

続いて豆まき。

福豆ゲットしました。

腹ごしらえに、手打ちそば竹花さんで

ねぎそばを堪能。

続いて、京都最古の禅寺・建仁寺。

畳108畳にも及ぶ壮大な水墨画

「双龍図」は法堂の天井に。

そして国宝「風神雷神」。

コレを拝観して風邪やインフル

新型ウイルスも近寄らないだろう。

最後は、浄土宗総本山知恩院へ。

1175(承安5)年、法然上人によって建立。

長い石段を登り京の街を一望。

当時、相当な権力を持っていたのだろう

大きさ・広さには驚かされる。

国宝・御影堂の曲線と迫力は芸術。

梅がちらほら咲き始め

なんとも京都らしい風景が楽しめた。

帰路につく前に抹茶わらび餅を頂いた。

京都の節分を楽しめた。

#京都 #kyoto #八坂神社 #建仁寺 #知恩院 #梅 #節分 #豆まき


初詣 2020
2020.01.04 Saturday

大晦日…

仕事を終え年越しそば。

新年が明けるころ

除夜の鐘を突きに

涙池山・瑞松寺へ…。

低く長〜く響く鐘の音

新年が明けた。

元日はご先祖さんにご挨拶の墓参り。

2日は商売繁盛で

えびす宮総本社・西宮神社。

3日、古い友達と京都へ。

賀茂御祖神社(かもみおや)こと

下鴨神社まで…

京都でも最も古い神社と言われる。

神聖な神社で水みくじ。

境内を流れる御手洗川に

おみくじを浸すと文字が浮き出る。

少し冷えた体を甘酒で温める。

1時間ほどプラプラ歩き今宮神社へ。

ここに来たら、やはりあぶり餅。

優しい甘さの味噌だれ。

最期は、

賀茂別雷神社(かもわけいかづち)こと

上賀茂神社へ。

あちこちプラリと初詣。

今年も良いことがありますように。

 

#京都 #西宮 #西宮神社 #下鴨神社

#上賀茂神社 #今宮神社 #初詣

#甘酒 #あぶり餅 #瑞松寺


サンタの服はなぜ赤い?
2019.12.23 Monday

以前にもこのブログに書いたが…

この時季、サロンのトイレ内に

この絵が飾られる。

これは私が描いた絵。

この絵を見た人の大多数が「サンタ」と言う。

確かに白いひげのおじいさんではあるが

サンタと断定できるものは書かれていない。

実際、書いた本人は…

ジーンズのオーバーオールを履き

ヘンリーネックのシャツ

手には酒の入ったグラス

程よく酔って上機嫌のおじいさんを

書いたつもりだった。

しょうがないので額に

赤のマット紙をセットして12月の絵とした。

ところで、ご存知だろうか?

サンタの服は赤だけではなく

青や紫、緑に白…と色々あった。

サンタの衣装が「赤」になったのは

1931年、コカ・コーラ社が

サンタクロースを宣伝に起用。

『サタデー・イブニング・ポスト』の

雑誌広告に登場した。

コカ・コーラのイメージカラーの

「赤」を身にまとったサンタが描かれ

好評を呼んだ。

永年、コカ・コーラサンタは登場する。

こうして、赤い衣装の

サンタクロースが認知され

以降…“サンタ=赤い衣装”が常識となった。

そして…

酔っぱらいの絵はサンタになった。

そういえば20代の頃

仲間で作ったスキーチームの名が

「SANTA」だった。

チームワッペンはサンタのシルエットを

赤い色でデザインしたモノだったのを

思い出した。

Merry Christmas !

 

#サンタクロース #santa #コカ・コーラ

#coca_cola #赤 #red

 


まもなく冬
2019.12.04 Wednesday

バイクで走ると、

切る風の冷たさを感じる季節。

大阪と奈良の境界。

大阪府交野市にある

大阪市立大学理学部付属植物園。

植物園と言っても山の中。

絶滅危惧種の植物。

アジアやユーラシア大陸を思わせる

植物など多種多様。

見たことのないような竹や

北米を思わせるメタセコイヤ。

このメタセコイヤは、

日本で化石として発見され

1946年、中国で確認されるまで

絶滅した植物と考えられていたそうだ。

真っ赤な絨毯のような紅葉や

恐竜の足跡のような葉。

迷彩柄の木。

寒い中、気を使ったように

咲いている花たち。

良く見ると、子袋桜(こぶくざくら)。

白い花に淡いピンクのグラデーション。

秋から冬に咲く桜。

散策しながら秋色を楽しんだ。

おみやげに大きな松ぼっくり。

少し遅いランチを

カフェおじいさんの古時計さんで頂く。

山道の中ログハウスが忽然と現れ

店内にはアンティーク時計が一杯。

窓から見える紅葉を見ながら

お腹と身体が暖かくなる。

#大阪市立大学理学部付属植物園 #交野市 #植物園 #私市

#おじいさんの古時計 #初冬の景色 #秋色

 


鈴虫と紅葉
2019.11.19 Tuesday

冷え込んだ京都嵐山。

臨済宗・妙徳山(みょうとくさん)

華厳寺(けごんじ)に足を運んだ。

華厳寺は別名「鈴虫寺」と呼ばれ

約5000匹の鈴虫が年中鳴き声を

楽しませてくれる。

温かいお茶とお菓子をいただき

ありがたい鈴虫説法を拝聴。

冷えた空気と鈴虫の鳴き声が

色づき始めた紅葉に響き渡る。

「即今只今」

「即今」も「只今」も現在を表す。

今この瞬間を大切に過ごせ

といましめる言葉。

そんな法話を胸に庭をのんびり散策。

心洗われました。
帰りに、お守りを手に
幸福地蔵に手を合わす。
わらじを履いた地蔵尊が
家まで来て願いを叶えてくれるそうだ。
一つだけ…心にそっと願いました。
#京都 #嵐山 #kyouto #華厳寺 #鈴虫寺
#幸福地蔵 #臨済宗 #鈴虫説法

藤原宮と四天王寺
2019.11.04 Monday

秋の風は肌を指す。

バイクを転がし久々の奈良。

五重塔を横目に猿沢の池を通り

ならまちから商店街を散策。

東に影が伸びたころ

奈良県橿原市の藤原宮跡へ。

現在、柱跡だけが残る藤原宮は

この時季、コスモスで埋め尽くされる。

夕日が大和三山に姿を消すと

名残り惜しそうに山向こうから

赤い陽がにじみ、

高い空から闇が下りてくる。

コスモスの陰影が薄れていくと

なんとも幻想的な世界に包まれる。

万葉の人たちもこの空を見ていたのだろう。

ここから西国へと寺院が立ち並び

大阪は四天王寺まで続く。

その昔、聖徳太子は

藤原宮と同じ美しい夕日が

見られるよう四天王寺を建立したそうだ。

海が近かった当時の四天王寺。

西門・石鳥居に沈む夕日は

さぞかし素晴らしかっただろう。

夕日の名所として現在も

夕陽が丘の地名を残す。

なんてことを思いながら

帰路についた。

 

#明日香村 #藤原京 #藤原旧跡 #奈良 #コスモス

#夕日 #大和三山 #四天王寺 #聖徳太子


コスモス '19
2019.10.22 Tuesday

旅のお方の気まぐれに

幼子のいたずらに

摘んでもらえる日もあると

それを励みに咲いてます

(加川良 コスモス♪)

 

今年のコスモスは

バイクで京都は亀岡まで…。

京都丹波/亀岡 夢コスモス園。

曇り空から青空をのぞかせたのは
気をつかってくれたせいなのか?

トノサマバッタや蜂、テントウ虫まで

お出迎え…。

#京都 #亀岡 #丹波 #コスモス園 #コスモス

 


| 1/63PAGES | >>