calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

芸術の秋"20
2020.10.20 Tuesday

秋です。

2週続けて芸術の秋。

1週目は神戸元町の

GALLERY YAMAKI FINE ARTで

師匠の三島喜美代展。

割れる新聞、チラシ、空き缶。

陶器で創られたリアリズム。

豊かな生活の影で生み出され続ける

膨大な「ゴミ」を現代アートとして再生。

物質の「意味」や「価値」「情報」は

時間の経過と共にどうなっていくのか?

壁一面には、初期のアトリエを

写真パネルにし、

所々にアトリエから持ち込んだ立体物。

そこには日常と非日常。

時間の経過と普遍がいりまじり

どこまでも続く空間が見える。

現実と錯覚の世界。

いつもながらパワーをもらった。

そして2週目。

大阪南港ATC・Gallery。

「天才か反逆者か」バンクシー展。

英国を拠点に活動する正体不明の

路上芸術家のバンクシー。

現代社会の抱える

戦争や暴力、大量消費、監視などを

ウイットに富んだ作品で表現。

作品の裏側に潜む悲しみや苦しみを

皮肉った表現で問題視する。

ボリューミーで面白い作品たち。

2週続けての刺激でお腹いっぱいです。

 

#三島喜美代 #神戸元町 #ギャラリーヤマキファインアート

#現代アート #三島喜美代展 #大阪南港ATCギャラリー #バンクシー 

#天才か反逆者か #バンクシー展 


彦根へ
2020.10.06 Tuesday

初めてバイクで彦根へ…。

先ずは国宝姫路城。

現存する天守閣を拝観。

上層からは琵琶湖が望める。

400年前もこのように見えたのだろう。

続いて、玄宮園を散策。

城主たちもこの庭を歩いて

心を落ち着けたのか。

そろそろ空腹感。

南彦根のまるいしさんで

近江ちゃんぽんを…。

続いて多賀大社。

古くは日本書紀までさかのぼる。

延命長寿・縁結び・厄除けの神として

親しまれている。

太閤秀吉や天皇家をも関わりのある

パワースポット。

急な太閤橋を超え境内へ。

静かな空気の中にたたずむ拝殿、本殿。

しばし心地よい境内を散策。

パワースを充電し

そろそろ帰路へと向かう。

 

#彦根 #彦根城 #多賀大社 #近江ちゃんぽん #琵琶湖


ニフレル
2020.09.26 Saturday

大阪府吹田のエキスポシティに

ニフレルがある。

大阪・海遊館(水族館)がプロデュースした

小さな水族館&動物園とでも

言うのだろうか。

この施設の面白いところは

美しさと見せ方。

一般の水族館のように大きな水槽はなく

小さな水槽に限られた種類の魚たちが

心地よさそうに泳ぐ。

水槽は表裏はもちろん

蓋がないので上からものぞける。

個々の特徴がわかりやすく

見せてくれる。

光と影を使って動きを強調したり

擬態が得意な生き物はまるでクイズ。

見つけるのにしばらく水槽をのぞき込む。

至近距離で見ると

コミカルでユーモラス。

続いて、動物エリア。

ホワイトタイガーやワニ

ミニカバなど

これまた間近でのぞき込める。

奥に進むと

ほぼ放し飼い状態の自由スペース。

サルやカピパラにビーバー。

ペンギンにフクロウなどの鳥たち。

足元を悠然とうろついている。

小さな規模だから楽しめる施設。

久々に童心に戻りました。

#ニフレル #nifrel #万博公園 #エキスポシティ #吹田市

#水族館 #動物園


南の島 '20
2020.08.23 Sunday

コロナの影響で飛行機の欠航や

島への迷惑なども考えたが

地元島人たちが

「楽しみに待ってるよ」と

声をかけてくれたので行くことにした。

今年も奄美。

着いてすぐの腹ごしらえは「鶏飯」。

今回のメインは「海亀と泳ぐ」。

海亀はハワイを含むポリネシア文化圏で

「ホヌ」と呼ばれ、

神の使い、幸福を運ぶ「海の守り神」。

天気の安定で海の中はやや濁り気味。

それでも案内人のマサが

海の守り神「ホヌ」と遭遇させてくれ

一緒に泳ぐことができた。

海亀の後はSUPを楽しむ。

次の日、早朝から肥後染色さんで

恒例の「藍染め・泥染め」体験。

続いて、パワースポット

ハートロックまで…。

それいゆふぁーむの

山羊ミルクソフトクリームで涼を取る。

昼からは、カヌーでマングローブ原生林へ。

夕方は、大浜海浜公園で夕焼けショー。

深夜は星降る夜空で流れ星ショー。

おチビと一緒に

天の川や夏の大三角を眺める。

今年も島を北へ南へと走り回った。

そして最終日はのんびりと海で過ごす。

また次の夏も帰っておいでと

島人たちに見送られた…。

 

#奄美大島 #海亀 #SUP #夕焼け #天体小ショー #夏の大三角

#藍染め泥染め #エメラルドグリーン


フィッシュフック
2020.07.24 Friday

海洋民族古代ハワイアン。

彼らは魚を取り生活していた。

当時の釣り針は大きな魚の骨など。

魚を釣ることが命を繋ぐこと。

そんなフィッシュフック(釣り針)は

幸運を釣り上げる

幸運を離さない

海で危険から守る

などの意味を持つ

海に出る男たちのお守り。

シェルカービィング作家のKisukeさんに

フィッシュフックをお願いした。

素材は「夜光貝」。

しかも、なじみの奄美で取れたモノ。

1ヶ月程たったある日

Kisukeさんから完成の連絡。

そして届いたフィッシュフックの首飾り。

Kisukeさんが苦労して

作り上げてくれたフックは

全長52mm

ややボリューミーなボディ。

年輪のような貝の成長線と

真珠層が入り交じり

ややブラウン気味に輝く。

透明感と虹色の反射が

なんともミステリアス。

Kisukeさんが「特別な輝き」と

言うだけある。

私をイメージして削ったと言う

Kisukeさんの想い、祈り、願い、信念が

込められたフック。

大事な宝物がまた一つ増えた。

 

#フィッシュフック #ハワイのお守り #夜光貝

#Kisuke_shellcarvings #釣り針 #首飾り

#海 #サーフ #シェルカービィング


京都でLive
2020.07.06 Monday

雨の京都。

今夜はちょっと大人なLive。

京都出身の双子デュオ

"The Twins"

そのお兄ちゃんのソロLive。

会場は、コロナ以降初Liveと言う

京都伏見の Bar Silver Moon。

久々のTwins。

ソウルフルでブルージーでメロー。

ゲストに前滝康彦(P)、北畑晃輝(D)、

市川芳枝(Vo)。

イィ音は心が満腹になる。

そして、今日7月6日は

Twinsの誕生日。

おめでとうお兄ちゃん、チカちゃん。

#the_twins #京都伏見 #小竹直 #シルバームーン

 


久々に…
2020.06.16 Tuesday

新型コロナの影響で

他府県に出かけるのは久々。

梅雨の合間の夏日にバイクで奈良

馬見丘陵公園まで走る。

古墳などの歴史的遺産と

豊かな自然。

この時季はやはり紫陽花。

見事に咲き誇っている。

丘陵を歩き回り

続いて法隆寺へと向かう。

今だからだろう貸し切り状態。

南大門から入り金堂に五重塔。

玉虫厨子や十七条憲法の版木。

聖徳太子にまつわる品々。

ゆっくりと国宝や重要文化財を拝観。

正岡子規が「柿食えば…」と読んだ

この場に立つと永い時の流れを

感じられる。

#奈良 #馬見丘陵公園 #古墳 #法隆寺 #聖徳太子 #厩戸皇子

#五重塔 #柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺 #正岡子規

 

 


緊急事態宣言延長
2020.05.05 Tuesday

今年のGWは「stay home」週間。

新型コロナ感染拡大で緊急事態宣言が

5月末まで延長。

とは言え、健康管理のため

人の迷惑にならないよう

靭公園まで自転車でポタリング。

夏日。

緑も花も鳥も虫たちもみんな元気。

そんな当たり前がとてもうれしい。

コロナも悪いことばかりじゃない。

こんな普段の風景に

幸せを思い出させてくれた。

そして、家に戻り…

5月5日「子供の日」

柏餅を味わうことも幸せでした。

コロナなんかには負けません。

 

#靭公園 #ポタリング #緊急事態宣言

#新型コロナに負けないぞ #子供の日

#バラ #柏餅


桜 2020
2020.04.07 Tuesday

新型コロナウイルスが猛威を振るう。

政府が緊急事態宣言を予定。

バイク移動はコロナ対策に

良いように思える。

青空が広がり自粛モードで

気を張っていた心とカラダを休めに

大阪府は高槻の芥川桜堤公園まで走った。

鳥の鳴き声、子供たちのはしゃぐ声、

川の流れる音、風に揺れる桜の枝。

腰を下ろした石畳に

桜の花びらたちが集まってくれた。

少し時間がゆっくり進んでいるようだ。

しばしコロナから解放される。

こんな時だからこそ

当たり前が当たり前でないことに気付く。

来年はみんなで桜を見にこよう。

#桜 #cherry_blossoms #芥川桜堤公園 #新型コロナ

#コロナなんかに負けないぞ


南の島の春 '20
2020.03.18 Wednesday

1月末から始まった

新型コロナウイルスの感染。

日を追うごとに世界中へと広がった。

そんなことが気になりながら

3月のはじめに昨年から準備していた

一泊二日の強行奄美ツアーへ出かける。

あいにく1日目は小雨交じりの曇り空。

いつもの店で島の友人と再会。

そして島の北にあるあやまる岬へ向かい

みしょらんカフェで塩豚バーガーを頂く。

腹ごしらえも終わるころ

お陽様が気を使って顔を出す。

海も風も鳥も気を使ってくれた。

なれた店で土産をあさり、

大浜海浜公園で夕日を楽しむ。

居酒屋で食事を済ませ

明日の朝に備え早めの就寝。

2日目は早朝からホテルの露天風呂。

朝焼けが残る海を眺めながら

贅沢に独り占め。

9時から12時まで海をクルーズ。

この時季は波が高い。

今回のメインテーマ…

「ホエール・ウォッチング」。

今年は暖冬でクジラも例年の半分以下。

残念ながらクジラに会うのは

来年のお楽しみ。

飛行機までの時間…

いつもの、それいゆふぁーむで

山羊ミルクソフトクリームと

山羊ミルク入りドーナツを頂く。

ビーチで波の音と頬を撫でる風、

優しい潮の香りを楽しむ。

浜で拾った貝殻をお土産に

そろそろ帰路に就く時間だ。

今回の自分へのお土産は

貝殻とキャンベルが作ってくれた

パラコードブレス。

大切にします。

#奄美 #あやまる岬 #塩豚バーガー #クジラ #パラコード

 


| 1/64PAGES | >>