calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

archives

初詣 2020
2020.01.04 Saturday

大晦日…

仕事を終え年越しそば。

新年が明けるころ

除夜の鐘を突きに

涙池山・瑞松寺へ…。

低く長〜く響く鐘の音

新年が明けた。

元日はご先祖さんにご挨拶の墓参り。

2日は商売繁盛で

えびす宮総本社・西宮神社。

3日、古い友達と京都へ。

賀茂御祖神社(かもみおや)こと

下鴨神社まで…

京都でも最も古い神社と言われる。

神聖な神社で水みくじ。

境内を流れる御手洗川に

おみくじを浸すと文字が浮き出る。

少し冷えた体を甘酒で温める。

1時間ほどプラプラ歩き今宮神社へ。

ここに来たら、やはりあぶり餅。

優しい甘さの味噌だれ。

最期は、

賀茂別雷神社(かもわけいかづち)こと

上賀茂神社へ。

あちこちプラリと初詣。

今年も良いことがありますように。

 

#京都 #西宮 #西宮神社 #下鴨神社

#上賀茂神社 #今宮神社 #初詣

#甘酒 #あぶり餅 #瑞松寺


まもなく冬
2019.12.04 Wednesday

バイクで走ると、

切る風の冷たさを感じる季節。

大阪と奈良の境界。

大阪府交野市にある

大阪市立大学理学部付属植物園。

植物園と言っても山の中。

絶滅危惧種の植物。

アジアやユーラシア大陸を思わせる

植物など多種多様。

見たことのないような竹や

北米を思わせるメタセコイヤ。

このメタセコイヤは、

日本で化石として発見され

1946年、中国で確認されるまで

絶滅した植物と考えられていたそうだ。

真っ赤な絨毯のような紅葉や

恐竜の足跡のような葉。

迷彩柄の木。

寒い中、気を使ったように

咲いている花たち。

良く見ると、子袋桜(こぶくざくら)。

白い花に淡いピンクのグラデーション。

秋から冬に咲く桜。

散策しながら秋色を楽しんだ。

おみやげに大きな松ぼっくり。

少し遅いランチを

カフェおじいさんの古時計さんで頂く。

山道の中ログハウスが忽然と現れ

店内にはアンティーク時計が一杯。

窓から見える紅葉を見ながら

お腹と身体が暖かくなる。

#大阪市立大学理学部付属植物園 #交野市 #植物園 #私市

#おじいさんの古時計 #初冬の景色 #秋色

 


鈴虫と紅葉
2019.11.19 Tuesday

冷え込んだ京都嵐山。

臨済宗・妙徳山(みょうとくさん)

華厳寺(けごんじ)に足を運んだ。

華厳寺は別名「鈴虫寺」と呼ばれ

約5000匹の鈴虫が年中鳴き声を

楽しませてくれる。

温かいお茶とお菓子をいただき

ありがたい鈴虫説法を拝聴。

冷えた空気と鈴虫の鳴き声が

色づき始めた紅葉に響き渡る。

「即今只今」

「即今」も「只今」も現在を表す。

今この瞬間を大切に過ごせ

といましめる言葉。

そんな法話を胸に庭をのんびり散策。

心洗われました。
帰りに、お守りを手に
幸福地蔵に手を合わす。
わらじを履いた地蔵尊が
家まで来て願いを叶えてくれるそうだ。
一つだけ…心にそっと願いました。
#京都 #嵐山 #kyouto #華厳寺 #鈴虫寺
#幸福地蔵 #臨済宗 #鈴虫説法

藤原宮と四天王寺
2019.11.04 Monday

秋の風は肌を指す。

バイクを転がし久々の奈良。

五重塔を横目に猿沢の池を通り

ならまちから商店街を散策。

東に影が伸びたころ

奈良県橿原市の藤原宮跡へ。

現在、柱跡だけが残る藤原宮は

この時季、コスモスで埋め尽くされる。

夕日が大和三山に姿を消すと

名残り惜しそうに山向こうから

赤い陽がにじみ、

高い空から闇が下りてくる。

コスモスの陰影が薄れていくと

なんとも幻想的な世界に包まれる。

万葉の人たちもこの空を見ていたのだろう。

ここから西国へと寺院が立ち並び

大阪は四天王寺まで続く。

その昔、聖徳太子は

藤原宮と同じ美しい夕日が

見られるよう四天王寺を建立したそうだ。

海が近かった当時の四天王寺。

西門・石鳥居に沈む夕日は

さぞかし素晴らしかっただろう。

夕日の名所として現在も

夕陽が丘の地名を残す。

なんてことを思いながら

帰路についた。

 

#明日香村 #藤原京 #藤原旧跡 #奈良 #コスモス

#夕日 #大和三山 #四天王寺 #聖徳太子


コスモス '19
2019.10.22 Tuesday

旅のお方の気まぐれに

幼子のいたずらに

摘んでもらえる日もあると

それを励みに咲いてます

(加川良 コスモス♪)

 

今年のコスモスは

バイクで京都は亀岡まで…。

京都丹波/亀岡 夢コスモス園。

曇り空から青空をのぞかせたのは
気をつかってくれたせいなのか?

トノサマバッタや蜂、テントウ虫まで

お出迎え…。

#京都 #亀岡 #丹波 #コスモス園 #コスモス

 


南の島 '19
2019.08.24 Saturday

昨年は超強力台風の影響で

海を楽しめなかった。

その分、今年は200%楽しみます。

干潮の時間に合わせ2年ぶりのハートロック。

そして、今回の目玉は加計呂麻島(カケロマ)。
奄美大島と与論島の間にある島。
古仁屋港から船を走らせる。
容赦なく照り付ける太陽と
心地よい潮風。
途中イルカの出迎えを受け
島へと上陸。
パワースポット…
昔から神が宿ると言い伝えられる
樹齢400年超えの武名(たけな)のガジュマル。
強烈な存在感。
続いて船で到着は巨大テーブルサンゴ。
直径7m越えの迫力。
水深3mも浮き上がって感じる。
いつものことだが、このエメラルドグリーンの海は
とんでもない透明度。
続いて海からしか行けないビーチに上陸。
シュノーケリングで10m以上の海底が
目の前のように映る…魚たちの楽園。
続いてボートで移動して「青の洞窟」へ。
太陽光の7色(虹色)の青以外は水に吸収される。
吸収されない青色だけが水の中で散乱し
海は青く見える。
青の洞窟は太陽光の入りと圧倒的なの透明度を
誇る海水で初めて見られるの現象。
なんとも神秘の青。
日本のガラパゴスと言われるだけあって
大満足の一日。
翌日、忘れてはいけない肥後染色での
愛染め・泥染め。
今回も良い作品ができました。
新しい人のつながりができ、
深い絆へと発展した奄美。
またまた新たな体験計画も見え
また1年間頑張って仕事に励みます。
#奄美大島 #加計呂麻島 #愛染め #泥初め #青の洞窟
#イルカ #シュノーケリング #エメラルドグリーン
#南の島 #日本のガラパゴス

紫陽花 '19
2019.06.10 Monday

この時季特有の低い空。

雨の匂い…。

雨上がりの似合う花たち…。

バイクにまたがり京都へと向かう。

日本最古の酒造の神として知られる

梅宮(うめのみや)大社。

境内の神苑を散策。

まずは杜若(かきつばた)や

花菖蒲(はなしょうぶ)や水連が迎えてくれる。

雨粒をまとった紫陽花はこの時季の象徴。

多種多様で多彩な色を楽しませてくれる。

雨上がりの湿りが熱気となって揺らぐ中

これ見よとばかりに蕾を開く紫陽花。

大好きな花の一つだ。

 

#紫陽花 #かきつばた #花菖蒲 #水連 #梅宮大社 #京都

 

 


久々のTOKYO
2019.04.16 Tuesday

オリンピックに向け動いている

東京へカミさんと一泊お出かけ。

広尾の叔母の家から表参道へ

ブラブラ歩く。

見えてきたのが明治神宮。

大鳥居をくぐり本殿へと進む。

 

お参りを済ませ、四谷までブラブラ…

着いたのが迎賓館赤坂離宮。

のんびりと内覧を楽しみ庭で一休み。

続いて九段下まで行き

本日最終目的地・武道館に到着。

70を迎えたエリック・クラプトンを

アリーナ席から眺める。

アンコールまで2時間。

最終的にはスタンディングで

大盛り上がり。

二日目は朝から

日蓮聖人が入滅の霊場とされる

池上本門寺。

雲一つない青空に鎮座する本堂。

本堂近くから遠く富士をはっきり

見ることができた。

そして本門寺には

あの昭和のヒーロー

力道山が眠っている。

本門寺を下り古民家カフェ連月で

チャイラテをいただく。

お昼に五反田で古い友人とランチ。

のんびりと昔話と現状報告会。

帰りの飛行機の時間を見ながら

日本橋の日本銀行金融研究所

貨幣博物館をのんびり観覧。

陽が落ち青空が消えたころ

飛行機は飛び立った。


門真の巨木
2019.03.05 Tuesday

大阪府門真市にある三島神社。

ココに、大阪府一の巨木がある。

「国の天然記念物」に指定され、

「大阪みどりの100選」に1位で選ばれ

「新日本の銘木100選」にも選出された

薫蓋樟(くんがいしょう)と言う名の

くすの木。

樹齢1000年を超え、

幹周は12. 5m、

樹高は24. 4mは圧巻。

三島神社全体を覆ってしまうほど。

遠くから見ると古い町並みに

こんもりと山のよう。

聴くところによると、

枝ぶりの広さと同じだけ

根が広がり。

樹高と同じだけ地中深くに

根が進んでいるという。

幹に触れると命に息吹を感じられる。

 

#大阪府門真市 #楠 #三島神社 #薫蓋樟 樹齢1000年

#天然記念物 #みどりの百選 #新日本の銘木100選


奈良の水仙
2019.02.18 Monday

奈良北部・奈良坂の般若寺に出かけた。

飛鳥時代に創建され、

天平のころ平城京の鬼門を鎮護し

戦国時代に、いく度となく

戦火にさらされ焼失し

廃寺同然の状態となり

奈良一番の荒れ寺と言われる。

焼失のため本堂は江戸時代に再建。

正門、南大門も戦火で焼失。

国宝の楼門(ろうもん)のみ残されている。

こちらは鎌倉時代建造。

十三重石宝塔も鎌倉時代の建造物。

塔の頂上の石造相輪は、

南北朝か室町時代の大地震で落下。

現在は塔の近くに飾られている。

本堂の周りには江戸時代に作られた

西国三十三所観音石仏が並んでいる。

般若寺はコスモス寺として有名だが、

この時季は水仙が清々しい香りを

楽しませてくれる。

黄梅も花をつけ癒してくれた。

拝観のあと久しぶりに

そば処・喜多原さんで腹ごしらえ。

奈良を楽しめた一日でした。

 

#般若寺 #奈良 #水仙 #喜多原 #そば


| 1/13PAGES | >>