calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

archives

コンパイ・セグンド
2015.07.27 Monday

アメリカとキューバは
54年ぶりに国交正常化に進んだと
ニュースは伝える。
ステキなことだ。
何年前になるのだろうか?
キューバの至宝と言われた
ミュージシャンを観た。
1999年、全世界的にヒットした映画
「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」
その中の主人公の一人。
当時のキューバ・ミュージックの最古参
コンパイ・セグンド(1907生)爺さん。
この爺さんが格好イィ。
スーツにパナマ帽、
ポケットチーフを胸に
葉巻をくわえる。
「人生で大切なものは
女と花とロマンス」
「チェ・ゲバラもカストロも
僕より年下だよ。
だけどカストロは僕より
老けて見えるけどね。」
浅黒い肌に深く刻まれたシワ。
そして瞳の奥の輝きが印象的。
まるでアルカポネの時代から
抜け出してきたような格好良さ。
コンパイ・セグンド爺さんは
93歳で初来日。
大阪厚生年金の大ホールで行われた
爺さんのコンサートに出かけた。
そのリズム感とステップは
尊敬を超え崇拝を感じる。
2003年7月13日、
彼は95歳の人生を終えた。
たったの一度だけど
生のコンパイ・セグンド爺さんを
観られたことは何物にも代えがたい。
歳をとったらこんな爺さんになりたい。
そんなコトを想いながら
彼の代表曲「チャン・チャン」を聴く。

#コンパイ・セグンド #ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック