calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

categories

archives

絵画になった男
2016.05.18 Wednesday

展覧会へ行くと、
たいがい少し離れて眺めたり
もっともらしい顔で作品を鑑賞する。
そんな暗黙のルールを壊したのが
「森村泰昌」展。
芸術を見るのではなく
体験した唯一の人。
敷居が高く感じる芸術を
楽しいアートにした。
その手法は…
絵画を内側から体験し
作品にしてしまったコト。
この発想が面白すぎる。

レオナルド・ダ・ビンチ、デュラー、レンブラトン、
ファン・エイク、カラヴァッジョ、マグリット、
フィンセント・ファン・ゴッホ、
萬鉄五郎、フリーダ・カーロ。
そのどれもが森村泰昌。
芸術は難しくない、面白いモノ。

アートの大御所、アンディ・ウォーホルでさえ
彼にかかるとアートの題材になる。
コピーや模写ではなく森村アート。
遠くから眺めていては決してわからない。
近づき、作品の側に立つコトで気づく
ストーリーがある。
何より、この展覧会は写真撮影大歓迎。
アートだからこそできる面白みだ。

#森村泰昌 #絵画になった男
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック