calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

あじさい
2007.06.25 Monday

6月が誕生月の私にとって、なんとなく馴染みがある「あじさい(紫陽花)」。
学名はヒドランジア(Hydrangea)あるいはハイドランジア。「水の容器」と言う意味だそうだ。原産地は日本。
助色素(アントシアニン)の発色に影響を与える物質、土壌のph値、アルミニウム量などによって微妙に変化するあじさいの花は「七変化」とも言われる。最も古いあじさいは青色らしい。
そんなあじさいを見に、あじさい寺こと祥雲山・頼光寺(らいこうじ・川西市東畦野)へ行ってきた。


1本の茎から微妙に色を変化させる小さな花の集まりが、雨上がりの寺になんともよく似合う。
せっかくなので池田市伏尾町にある久安寺にも寄ってみた。
ここでもあじさいが見られるが、敷地内を散策していると、薬草で知られ梅雨時季に白く可愛い花をつける「どくだみ」や、幾何学模様のような花をつけるブラジル原産の「時計草」たちがお出迎え。
これも梅雨時季の楽しみ…かも?!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック