calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

海とユリ’16
2016.06.21 Tuesday

梅雨の合間に大阪ベイエリアの

舞洲(まいしま)にバイクを転がす。

2013年からこの時季限定で

オープンした「舞洲ゆり園」。

ここでは海とユリの

ステキなコントラストが楽しめる。

清楚な白、元気なオレンジ、

優しいピンクやにぎやかなイエローに

凜々しいワイン。

緩やかな斜面に整列し

海に向かって立っている。

甘いユリの香りを海風が運んでいく。

の〜んびり歩きながら

水平線の内側にユリを重ねてみる。

何とも心地よい時間でした。

#舞洲ゆり園 #大阪ベイエリア


梅雨には梅雨の…
2016.06.14 Tuesday

雨は上がったが梅雨らしい低い空。
カミさんと久しぶりに
雨の合間を少し楽しんでみた。
大阪府枚方市の山田池公園。
背の高い木々が空気を冷やす。
心地よささえ感じられる公園は
ところどころ雨水が
宝石のようにキラキラと美しい。

水の流れが聞こえてくる。
雨にも負けず凜と立つ菖蒲たち。
アメンボたちが忙しそうに右へ左へ。

少し歩いてみると
斜面には色とりどりの紫陽花。
雨上がりの紫陽花は生き生きしている。


忘れちゃいけないのが睡蓮。
こちらも雨粒がよく似合う。
梅雨には梅雨のステキな景色が
あるのですね。

ヒメホタル
2016.05.24 Tuesday

5月の後半に30℃を超す真夏日。
屋外に少しいるだけで日焼けする。
湿気がましなのがせめてもの救い。
太陽が西に傾き空を赤く染める。
少し風が心地よくなった。

夕食を済ませた頃には
派手だった空の色も陽ともに消え
代わりに月が顔を出す。

大阪府吹田市の千里緑地に出かける。
山手に来ると気温が下がる。
街灯のない公園に月明かりだけが
歩道を浮き上がらせる。
闇が続く雑木林に小さいな黄色の
鋭い光がスゥーっと流れては消え。
不規則に動いては止まる。
正体は吹田市指定の天然記念物
「ヒメホタル」。
一般的に知られる
ゲンジボタルやヘイケボタルほど
知名度は高くないが絶滅危惧種にも
指定されている。
ゲンジやヘイケより光は弱いが
鋭く光るのが特徴。
蛍と言えば清流を思い浮かべるが
この種は雑木林などで生息する。


なんとも幻想的なヒメホタルのダンス。
お月さんと一緒に楽しんで
しばし子供の頃に戻っていた。

#ヒメホタル #天然記念物 #絶滅危惧種 #吹田市

 

チューリップ
2016.04.12 Tuesday

子供の頃、花の絵と言えば
ヒマワリかチューリップ。
子供が見ても特徴的な花に
見えるのでしょう。
香りの梅、
あでやかな桜に続き、
チューリップが満開の
大阪は万博公園にお出かけ。
チューリップと言っても
花びらの大きな物から
ツンとすましたモノ。
色も赤・白・黄色だけでなく
紫やピンク、ワインレッド。
色の混ざり合ったマーブルな
お茶目さんまで多種多様。

紅一点の風景や
残り桜との共演まで。
楽しませていただきました。

#万博公園 #チューリップ

春の便り'16
2016.03.28 Monday

「バイクにはイィ季節だね。」
と、言われるが春の天気は気まぐれ。
晴れ間が出たと思えばにわか雨。
今日もそんな空模様。
バイクにまたがり大阪の北側、
高槻の淀川河川敷へ出かけた。
ゴルフ場を越えたあたりから
堤防に黄色があふれ出す。
延々と続く菜の花。
気を利かせてくれたのか
青空がもどってきた。
そよ風とうぐいすの歌声に合わせ
菜の花が一斉にスイングする。
葉には先ほどの雨水が
水玉になってゆらゆら…。

足下に目をやれば土筆の行列。
カミさんと土手の土筆を摘み帰る。

そして食卓には土筆の天ぷら。
春の風味をいただきました。

#菜の花 #つくし #淀川河川敷

早咲きの梅
2016.02.02 Tuesday

また少し戻った寒さ。
と言っても陽がさすと
春の気配も感じられる。
青空が広がったので
早咲きの梅を楽しみに
大阪城公園まで出かけた。
大阪市内中程…緑に囲まれた城。
その昔、天守閣からは
大阪の隅々まで見渡せたそうだ。

梅林に近づくと優しい風に乗って
甘酸っぱい梅の香りが出迎える。
紅梅、白梅、黄梅…。
気の早い梅たちが我先に
とでも言うようにつぼみを
柔らかくしている。
桜ほどの華やかさはないが
奥ゆかしさが魅力的。

梅は〜さいぃたかぁ、
桜ぁはまだかいな…♪
可憐な梅を見ながら
茶屋で甘酒をいただく。
身体までほっこり…。

紅葉 '15
2015.12.08 Tuesday

今年は11月になっても半袖で過ごした。
葉に色がつきだしたのが12月。
それも今週で終わりそうだ。
と言うことで近場の
万博公園に出かけた。
冬の青空は透明感を感じる。
深いブルーがどこまでも続く。
太陽の塔が誇らしげに立っている。

広い公園の木々は黄色や赤の葉を
少しだけ残しておいてくれた。
残りわずかな色を楽しみながら
赤い絨毯の上をのんびり散策。

北風が楓の赤い葉を揺らす。
しばらく行くと
異なる彩を見つけた…寒桜。

内緒ごとのようにひっそりと
可憐な花を咲かせている。
予想もしなかった光景に
気を取られていると
いつの間にか影が長くなっていた。

#万博公園 #寒桜 @紅葉

星のブランコ
2015.11.17 Tuesday

数日ぶりに晴れた日。
大阪は交野市にある
大阪府民の森
ほしだ園地へお出かけ。
木々の香りが心地よい森は
落葉のクッションで
自然に歩が進む。
葉の彩も少しつき始め
小鳥のさえずりが響く。
所々、急な登りを進むと
見えてきたのが
「星のブランコ」。
延長280m、最高地上高50m。
人が通れる木床板の吊り橋としては
国内最大級だとか…。
頬をなでる風には
やわらかい陽が混じる。
立ち止まると優しく揺れる吊り橋。
目の先には鳥が戯れていた。

橋を渡りきり急斜面に
足を取られないようおりていく。
途中、小さな秋を見つけた。

 

万葉の路
2015.10.20 Tuesday

秋晴れの下、奈良・明日香村に
バイクを転がす。
着いたのは飛鳥寺。
ここから飛鳥時代に足を踏み入れる。
596年、蘇我馬子によって建てられた
日本最古の本格的仏教寺院。
本尊である銅製の釈迦如来坐像は
飛鳥大仏として親しまれ、
こちらも日本最古の仏像と言われる。
なんと、東大寺の大仏より150年ほど
前に作られた。
通常、仏像の顔は左右対称だが
こちらの大仏は非対称。
左は厳しいお顔。
右は柔和なお顔。
そして座像全体がやや右を向いている。
これは聖徳太子の生地の方向を
指すと言われているそうだ。
右には木製の阿弥陀如来座像。
左には16歳の聖徳太子立像。
日本史の教科書を思い出す。


レンタサイクルで石舞台古墳へを向かう。
巨大な岩を積み木のように組み作られた石室。
蘇我馬子の墓だと言われている。

ここらでちょっと腹ごしらえ。
聖徳太子も食べたであろう
古代米のおにぎりと草餅をいただく。

しばしの休息を終えペダルを踏む。
聖徳太子の生地を横切り坂を下り上り、
汗を拭き拭き着いたのは高松塚古墳。
昭和47年(1972年)、彩色壁画が発見され
ブームとなった。
道のりの途中に巨石「亀石」がある。
大きな亀がほほえんだように見えるこの石、
誰が何のために作ったのか?

自転車を降り、バイクにまたがる。
日本書紀に日本建国の地を記された橿原。
初代天皇・神武天皇により創建され
日本の歴史・文化の発祥の地と言われる
橿原神宮に到着。
立派なたたずまいに膨大な敷地。
自然と鳥居をくぐる前には一礼してしまう。

最後に向かうのが藤原宮跡(ふじわらきゅうせき)。
天の香久山、耳成山、畝傍山(うねびやま)と
大和三山に囲まれた藤原京の中心施設である
藤原宮があったと言われる場所。
今は柱跡だけが残されている。
この時季、コスモスが見頃だ。
山裾まで続くコスモス畑。
飛鳥時代を楽しみ花畑で深呼吸。
腰を下ろしてぼんやり眺める。
気がつけば畝傍山の方向に
陽が傾きかけた。
柔らかい色彩の斜光が
ススキの群衆とコスモスたちの
陰影を深くする。
そろそろ、飛鳥時代からの
タイムスリップも終わりに近づいた。
飛鳥の時の流れを心地よく体験し
万葉の路をあとにすることにする。

#明日香村 #万葉

白馬 '15
2015.10.08 Thursday

白馬は2年ぶり。
ココは大好きな場所の一つ。
朝露に濡れ、すき通る空気。
白馬教会を朝日が照らす。
今日は天気が良さそうだ。

美味しいモノもいろいろある。
蕎麦からアメリカンなカフェまで。

木に覆われた小道に足を踏み入れる。
そこには木漏れ日のカーテン。
木々をすり抜けるそよ風で揺れる。
しばらく歩くと
親海湿原(およみしつげん)が現れる。

その北側に姫川源流がある。
ここからしみ出る冷水は
透き通りとろみすら感じる優しい水。
水温9℃以下の清水にしか生息しない
水中花のバイカモ(梅花藻)に今年も会えた。

そんな白馬村を空から眺める。
山に護られた小さな村の全貌が望める。
槍に杓子に白馬を背に上昇気流を探す。
ゆっくりと左に弧をとり大きな円を描き
天高く吸い上げられる。

海抜1500mオーバー。
谷深い山々が遠近法を生み出す。
のんびり浮かぶ雲のように制止する。
ゆったりと右に滑っていく。
觔斗雲(キントウン)に乗る孫悟空の気分。
まさに空中散歩。

白馬にはステキがたくさんある。
来るたびに楽しい発見をする。

#パラグライダー #Paraglider #白馬 #hakuba

<< | 2/10PAGES | >>